エステの中でも人気の施術である、フェイシャルエステ。目をつむって横になっているだけで、お顔の老廃物を取り除き、生まれ変わったような美肌を手に入れることができると人気です。

自分一人でいろいろなスキンケアアイテムを試して、ヒリヒリや赤みなどの肌トラブルを起こしてしまうよりも、プロのエステティシャンに、自分の肌質によく合うものをアドバイスしてもらいながら、フェイシャルエステを受けた方が、断然効率がいいですよね。

多くのエステは、無料カウンセリングを設けています。年齢や肌質を元に、どのような成分が足りていないのか、どのようなスキンケアをしたら良いのかなど、的確なアドバイスをくれますよ。また、無料カウンセリングの際は、エステの店内をじっくりチェックできる貴重な機会。エステ選びの参考に、細かくチェックしましょう。

敏感肌でも安心して通える札幌のフェイシャルエステはココ

こんな時はフェイシャルエステに行くのを避けよう:生理中のフェイシャルエステ

生理前や整理期間中は、ホルモンバランスが乱れ、肌の揺らぎも大きくなる時期。ただでさえ肌が敏感になっている時期なので、フェイシャルエステなど、いつもとは違うスキンケアを行うことは避けた方が良さそうです。また、お顔にニキビや吹き出物、キズなどがある場合も、施術は控えましょう。

後にトラブルが起こらないよう、自身でタイミングを見計らいながら、施術するのが賢い方法です。しかし、もしもフェイシャルエステ施術後に、赤みなどの肌トラブルが起きてしまったら、すぐにスタッフに連絡しましょう。迅速な対応を行ってくれるはずです。

フェイシャルエステで赤みが生じるのを避けたいなら

肌に皺やシミが目立つと、他人から若く美しく見られるのが困難になります。特に顔は、人目に付き易い部位なので、何とか肌を良い状態に保つべく、毎日念入りにスキンケアを行う女性が多いです。

ですが肌は着実に老化して行き、張りや潤いを失って行くので、徐々に自力でのスキンケアではカバー出来なくなります。その結果、老け顔になってしまい、鏡を見るのも嫌になるという女性は珍しくありません。ですがそういった女性も、諦めずにフェイシャルエステの施術を受ける事で、顔を若返らせる事が可能です。

そもそも赤みが生じてしまう原因とは

フェイシャルエステでは、手技や専用のマシーンを駆使する等して、顔全体の血行を良くして肌にとって不要な物の排出を促す事が出来ます。その結果、肌に張りや潤いが蘇り、皺やシミに加え、吹き出物の改善効果が期待可能です。

ただしそんなフェイシャルエステの施術を受けて、赤みが生じてしまい、逆に肌トラブルが生まれる危険性もあります。そういった赤みのトラブルは、施術の技術力が低く、上手く力の加減が出来ない様なエステで施術を受けた際に、生じる危険性が高いです。

なのでフェイシャルエステの施術を受けるなら、ブルームの様に施術の技術力が高く、評判の良い所を選ぶ事をおすすめします。ブルームならば、その人の肌の状態を見ながら丁寧に施術を行ってくれるので、安心です。