肌をキレイにするためにフェイシャルエステに行く人は多いと思います。フェイシャルエステに行けば様々な施術によって、個人ではできない肌ケアをしてもらえます。

フェイシャルエステ前の準備を怠ると施術が受けられないことも?

エステサロンでいろいろやってもらえるからといって、個人での準備を怠ってはいけません。きちんと準備しておかないと、施術中に予期せぬ事態が起こったり、最悪エステを断られる可能性もあります。そこで、ここではフェイシャルエステに行く前に自分でしておきたいことについて紹介します。

まずは肌や体の調子を整えておくことです。もともとの状態がよければよいほどエステの効果を最大限に引き出すことができます。どのような状態から始めるかによって結果は左右されます。最低限、洗顔や化粧水、乳液などの基本的スキンケアは毎日行いましょう。また、エステに行く前にシェービングを済ませておくとよいです。

フェイシャルエステ後にさまざまなトラブルを起こさないために

エステ直前に剃ると肌トラブルの原因になりますので、2、3日前には済ませておきましょう。また、つけまつげやまつげエクステなどもエステ途中で外れる可能性がありますので、事前にはずしてから行きましょう。

アイプチなどについても同様です。最後に手持ちのコスメなどを用意しておくとよいです。フェイシャルエステは顔のケアなので、終了後はすっぴんです。

エステ後に買い物や食事が控えているという場合に備えて化粧用品があると便利です。エステサロンには基礎化粧品の備え置きはあります。しかし、使い慣れていないものだと肌に合わなかったり、使いづらかったりしますので、自分のものを持っていきましょう。

札幌で口コミ評判の高いフェイシャルエステサロン一覧

フェイシャルエステを受ける時にはメイクはしない方がいいのか

フェイシャルエステを受ける時には、メイクはしないで伺うようにしましょう。サロンによっては、メイクを落としてから施術を始める所もあり、手間や時間がかかってしまうためメイクをしている状態を好まない傾向があります。

顔以外の足や腕など施術部位以外であれば基本的に問題はないですが、施術を受けるにあたってうつ伏せになる場合には、化粧崩れが起きてしまい、施術後に直す必要が出てきます。

パウダールームや化粧直しなどが行える場所が提供されているサロンばかりではないので、仕事帰りなどでメイクを取る時間がないという方は、事前にそういった場所が提供されているかを確認してから行くようにしましょう。

コンタクトレンズをしている場合のフェイシャルエステ

特に注意が必要な物として、コンタクトレンズがあります。コンタクトレンズの場合もフェイシャルエステを受けるのであれば、外す事が望ましいです。

特に顔回りのエステでは、目の周囲を刺激する事が多く、コンタクトレンズがずれてしまい目を傷つけてしまったというケースもあるため、トラブルの原因になります。そのため、コンタクトレンズを使用している方は、サロンに行く前に眼鏡に変えるか、施術前に必ずコンタクトレンズを外すなどの受ける側の配慮が必要です。